人気ブログランキング |

JPホーム(高松建設)のウィンブル建築記録


by itemaetaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

【新聞記事】 JPホーム、住宅販売にネット活用-年間50棟目指す

まずは新聞記事から。
-------------------------------------------------------
JPホーム、住宅販売にネット活用-年間50棟目指す

 JPホーム(東京都中央区、太田耕蔵社長、03・3542・8120)は、鉄筋コンクリート住宅「プラッセ」のインターネットを活用した販売に乗り出した。




 ネットを今後の重要な販路に位置づけ、大きな需要が見込める首都圏と近畿圏、愛知県を対象に展開していく。パソコンで簡単に住宅のプランを作成できるシステムを導入して拡販に結びつける。ネットを活用した販売で年間50棟の販売を目指す。

 採用する部材をある程度限定することで、ネット販売を可能にした。また、住宅に関して詳しい知識を持つ消費者が増えていることから、ネットを活用することでプラン設計や打ち合わせ時間を短縮してコストを削減し、価格面で還元すれば需要があると判断した。

 通常価格は3・3平方メートル当たり東京エリアで67万6000円から、大阪・中部エリアで65万円からだが、ネットを使った場合、最大で10%割り引く。

 プランは間取りの作成に始まり、内外観やキッチン、浴室、トイレなどが登録されており、質問事項に合わせて選択すればプランが作成できる。それを同社がチェックし、修正したり、助言したりしながら希望に合った住まいづくりを進めていく。

(2007/12/11 日刊工業新聞より)
-------------------------------------------------------

JPホームの受注件数は05年度39棟→06年度52棟と増加傾向なんですが、「数年後に年百棟の受注を目指す」テコ入れ策が、なんとネット販売だったとは!?
f0067815_2405741.jpg

by itemaetaro | 2007-12-24 20:59 | └家/その他雑件