JPホーム(高松建設)のウィンブル建築記録


by itemaetaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

まずは新聞記事から。
-------------------------------------------------------
狭小地向け住宅販売、JPホームが新工法
―足場不要、境界線から18センチまで。―


建て替え需要狙う
 中堅ゼネコンの高松建設の子会社、JPホーム(大阪市)は八月後半から、間口が狭い敷地向けに鉄筋コンクリート住宅「ゼロス」=写真はイメージ図=を販売する。建設用足場を設けず、建物内側からの作業のみで外壁を仕上げる新たな工法を採用、敷地を目いっぱい使って住宅を建てられるようにした。東京や大阪、名古屋などで狭小地の建て替え需要を掘り起こし、年三十棟の販売を目指す。
f0067815_19373152.jpg
 新工法では、建設作業員はコンクリート外壁の型枠をあらかじめ組み立てたうえで、内側から専用工具を使って型枠を上にずらしながら外壁を設置していく。この際、隣接住宅と向き合う側面に配置した窓から作業する。 足場で人が作業できる最小限の幅は一般に約四十センチとされる。同社も従来、隣接地との境界線から住宅の外壁までの距離を片側四十センチ以上ずつとってきた。足場を設置しないゼロスでは幅を片側十八センチずつに抑え、床面積を広く設計するなど、敷地を有効活用できるようになる。

 コンクリートを現場打ちするため、敷地の四隅の角度が異なるなど、ゆがんだ形の敷地でも柔軟な設計が可能。プレハブ工法を用いる他の住宅メーカーも狭小地向け商品の拡充を進めているが、パネルを直角に組み合わせる工法ではゆがんだ敷地を十分に活用できなかったり、工費がかさんだりした。 新工法による住宅は三、四階建てで、都市部の住宅などの密集地域に建てる住宅や店舗、賃貸住宅などが対象。販売価格は三・三平方メートル当たり七十万円以上を想定している。

 鉄筋コンクリート造マンション建設が主力の高松建設は二〇〇五年、鉄筋コンクリート住宅専門のJPホームを設立した。JPホームの〇六年度の受注件数は〇五年度比三三%増の五十二棟。新工法を武器に、数年後に年百棟の受注を目指す。

(2007/08/20 日経産業新聞記事より)
-------------------------------------------------------

足場不要は凄いと思うのですが、ゼロス(ZEROS)なるネーミングはビミョー。。
あとJPホームの受注件数、05年度39棟→06年度52棟(前年比+33%増)とは、思った以上に好調なようですね。
[PR]
by itemaetaro | 2007-08-20 22:01 | └家/その他雑件
ABCハウジング・千里住宅公園にあるJPホーム(高松建設)の千里展示場が今月、リニューアルオープンしたとのこと。 我が家を担当してくれたタナカさんが所長(のはず)なので、これは是非行かなくては!と言うことで、早速見学して来ました。

展示場内でプレゼントされていたブルーベリーのソフトクリームを堪能した後、現地に行ってみると驚きました!外観がすっかり変わってデザイナーズハウスのようです!
f0067815_9395991.jpg

ちなみに↓がリニューアル前、「RC造でも普通の家が建ちます」的な外観でした。
f0067815_9403994.jpg

一体こんなお洒落な建物で、あのタナカさんは何処に…と思っていたら、このお洒落な家の前で手を振る、ヨーヨーつりのおじさんが!
f0067815_1053121.jpg

・・・さすがタナカさん、相変わらずなキャラです。

同伴した我が子は、このヨーヨー釣りと中の大画面ホームシアターで上映されていたファイティングニモにすっかり釘付け、お陰でゆっくり見学することが出来ました。 子供連れでじっくり家を観たい人は大阪・千里のJPホームに是非どうぞ!(笑)
[PR]
by itemaetaro | 2007-08-19 15:15 | ├家/住んでから
北側の箱庭(0.6m×4.5m)をなんとかせねば、と考え出して早や1ヶ月。 このままでは夏が終わってしまうと一念発起し、“あわじ花マット”を取り寄せました。 この”あわじ花マット”、グラウンドカバープランツに最適とされる「イワダレソウ」をロールマット化したもので、これなら雑草の心配も軽減される(はず)。
f0067815_15591458.jpg

ちなみにグラウンドカバープランツ(Ground Cover Plants)とは、日本語では地被植物(または被覆植物)といわれ、地表を覆う(カバーする)ように生育する植物の総称です。

茎や枝を横に伸ばして地面や壁面などを低く薄く覆うため、土壌の乾燥や土の流出、雑草を防ぐ効果があり、傾斜地や法面(のりめん)の緑化のほか、建築物の壁面・棟間、高架構造の道路の下、庭園・公園内の樹林下などの日陰地の緑化など、造園・園芸に広く用いられます。

加えてこの花マット、芝生とは違って小さいながらも白い花が咲いており、見た目が可愛いことから家族も喜んでいます。
f0067815_15592533.jpg

ちなみに施工は、タイルの高さより若干低めに土を耕した上にマットを広げ、充分に潅水を行ったのみ。 当面は毎朝、潅水をする予定ですが、状況に応じてバーク堆肥等の有機堆肥を与える予定です。

これが上手く育つようなら、次は南側にある小さな庭も、この”あわじ花マット” or “テクノターフ”を導入しようと考えています。
[PR]
by itemaetaro | 2007-08-13 15:59 | ├家/住んでから
参院選での自民党大敗見通しや米国サブプライムローンの焦げ付き状況を受けて、国内の長期金利の上昇も小休止状態となり、各社とも若干ながら実効金利を引き下げました。

長期金利、長プラと、住友信託銀行(30年)およびSBIフラット35の住宅ローン実行金利を比較したのが下記の表です。

 JGB10年  →  長プラ        →        住信     SBI
 4月末1.92%→ 4月度2.50% → 5月実行 2.93% 2.891%
 5月末1.82%→ 5月度2.45% → 6月実行 2.98% 2.861%
 6月末1.92%→ 6月度2.65% → 7月実行 2.98% 2.900%
 7月末1.92%→ 7月度2.50% → 8月実行 2.98% 2.930%
 8月末1.62%→ 8月度2.30% → 9月実行 2.98% 2.780%
 9月末1.67%→ 9月度2.30% →10月実行 2.95% 2.781%
10月末1.72%→10月度2.35% →11月実行 3.10% 2.951%
11月末1.65%→11月度2.30% →12月実行 2.99% 2.861%
12月末1.68%→12月度2.35% → 1月実行 2.84% 2.751%
 1月末1.70%→ 1月度2.40% → 2月実行 2.94% 2.821%
 2月末1.63%→ 2月度2.30% → 3月実行 2.94% 2.791%
 3月末1.65%→ 3月度2.20% → 4月実行 2.94% 2.761%
 4月末1.62%→ 4月度2.25% → 5月実行 2.99% 2.771%
 5月末1.74%→ 5月度2.25% → 6月実行 3.04% 2.821%
 6月末1.87%→ 6月度2.45% → 7月実行 3.29% 2.961%
 7月末1.79%→ 7月度2.55% → 8月実行 3.24% 2.921%

ちなみに三菱UFJ信託銀行の20年固定も2.93%と今月は▽0.05%引き下げております。 今夏から年末にかけての再利上げによる影響については先月までに織り込み済みとなったと言われていましたが、長期金利は8月に入っても下がり続けています。 日銀は今月22日-23日の金融政策決定会合で、本当に再利上げするのでしょうか。 9月実行金利は不透明です。。
[PR]
by itemaetaro | 2007-08-11 23:53 | ├家/資金関連