JPホーム(高松建設)のウィンブル建築記録


by itemaetaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ちょっと、古い、家電たち。

最新鋭が揃った親世帯と違い、購入後数年しか経過していない子世帯の家電は、当然そのまま使用することになりました。

先ずは冷蔵庫、設置場所は将来性を考え75cmにしてありますが、日立R-K40M PAMは幅60cmとコンパクトなので、ちょっと隙間が目立ちます。。
f0067815_0243023.jpg

次は電子レンジ、ターンテーブルレスでデザインも気に入った三洋EMO-FR10(S)です。 当時は「レンジdeジュー」のキャッチフレーズで、レンジ加熱でこげ目がつくオーブンレンジとして話題になりましたが、あいにくキャビネの奥行きは45cmしか無く、なんとか載っている状態です。 この教訓が親世帯の三菱電機RO-DL2を選ばせた理由となりました。
f0067815_022544.jpg

そして洗濯機、当時の洗濯乾燥機はどちらかといえば縦型(パルセータ式)が主流で、横型(ドラム式)は種類も少なかったのですが、業務用の洗濯機や乾燥機はドラム式が主流だったことなどからドラム式に決定、東芝の快速銀河21(TW-741EX)となりました。
f0067815_0234215.jpg

今思えば素晴らしい判断であったと(勝手に)喜んでいますが、洗濯7kg/乾燥4kgという性能は、日立のビッグドラム(BD-V1)の洗濯9kg/乾燥7kgの前では、技術の進歩を感じざるを得ません。 という訳で毛布など大物を洗濯/乾燥する際は親世帯にお邪魔しています。
[PR]
by itemaetaro | 2007-05-30 00:19 | ├家/住んでから