JPホーム(高松建設)のウィンブル建築記録


by itemaetaro
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

e-taxで所得税の医療費控除。

2012年の1年間の医療費が10万円を超えたので、医療費控除を受けるため確定申告をすることにしました。 ただ控除額(返金される金額)は数千円のようなので、わざわざ駐車場の無い税務署まで行くのがいろんな意味で勿体ない。。 そこで今回、久々のe-taxにチャレンジです。
f0067815_1845334.gif

関連記事:e-taxで住宅借入金等特別控除、その2。
関連記事:e-taxで住宅借入金等特別控除、その1。



医療費の領収書を予めExcelで集計しておいた上で作業を開始です。

e-Tax申告の主な手順は国税庁の確定申告書等作成コーナーで確認出来ますが、羅列すると以下の通り。
【e-Taxを行う際の確認事項(準備編)】
(1) パソコンの環境(OS/ブラウザ/PDF閲覧ソフト)が国税庁の推奨環境を満たしている。
(2) ICカードリーダライタを持っている(我が家はNTT-ME SCR3310-NTTComをAmazonで購入)。
(3) 電子証明書を取得している。※有効期間は取得後3年
(4) 平成24年分事前準備セットアップを行っている(JPKI利用者ソフトをインストールしてある)。
(5) 別画面表示の確認ボタンをクリックして、別画面(印刷用の別ウインドウ)が表示された。
(6) 確定申告書等作成コーナーの利用規約に同意した。
f0067815_1132523.jpg

【e-Taxを行う際の確認事項(登録編)】
(1) 電子申告・納税等に係る利用者識別番号の登録を行う。
(2) 申告書を作成する(給与所得が1箇所の方)。
(3) 作成する確定申告書等の提出方法で「e-Taxにより税務署に提出する」を選ぶ。

【申告書を作成】
(1) 給与所得の源泉徴収票の入力を行う。
(2) 適用する控除等の入力で医療費控除を選ぶ。
(3) 控除の入力方法で「医療費集計フォームに入力したデータを読み込む」を選ぶ。
(4) 医療費集計フォームの読込み(専用フォームは国税庁からダウンロード出来ます)。
(5) 電子証明書等特別控除(3000円)が初めてなら同時に申請出来る。
(6) 入力内容及び計算結果を確認し、確認終了をクリック。
(7) 住民税に関する事項で、16歳未満の扶養親族がいる方など該当項目があれば入力する。
(8) 住所・氏名等入力で、還付を受ける銀行口座などを入力する。
(9) 送信準備(送信前の申告内容確認)で、内容を送信前に内容を確認。
(10) 申告書等送信で「公的個人認証サービス」を選択、次へをクリック。
(11) 後日還付金が口座に振り込まれる

f0067815_17423080.jpg

久し振りだったこともありますが、途中謎の認証エラーもあって思った以上に手間取りました。。

とはいえ税務署が遠く毎年申請する可能性があるなら、一定のメリットはあると思います。 根気強い方は是非どうぞ!(笑)
[PR]
by itemaetaro | 2013-02-24 16:00 | ├家/住んでから | Comments(0)