JPホーム(高松建設)のウィンブル建築記録


by itemaetaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

壁紙(クロス)の補修。

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。 形あるモノは何時かは壊れる、それは判っているのですが、子供らが壁紙(クロス)を破いてしまったようです、おまけにその後も触ったらしく凹んじゃっています…(>_<) 実は以前、現場監督のKさんに別の場所を見事に補修して頂いたのですが、今後のこともあるのでDIY出来るよう、今回はJPホームの方に補修方法を伝授して頂きました(ホント、何時もスミマセン)。

先ず準備するのが上からカッター、ボンド、ヘラ、スポンジ(あと定規)。
f0067815_225856.jpg




ただ準備したカッターのサイズが大きかったので、今回新たにデザインナイフを購入しました。 これで少々細かい作業も安心です。
f0067815_23927.jpg

先ずは新しい壁紙を破れた部分のサイズより少し大きめに切って、布粘着テープなどで仮止め。 そして破れたところより、一回り大きな位置に定規をあてて2枚一緒に切ります。
f0067815_231783.jpg

次に仮止めのテープをはがし、新しい壁紙を一度取って、破れた壁紙も剥がします。 この時、カッターの先などを使うとはがしやすくなりますよ。 壁面に残った古い接着材や壁紙は、後々段差にならぬよう少しスポンジで湿らせながら、綺麗に剥がしましょう。
f0067815_232828.jpg

そして壁紙補修用のボンドを塗って新しい壁紙を貼った後、継ぎ目を中心にヘラ(もしくはローラー等)で押さえます。 最後に継ぎ目からはみ出たボンドを拭き取りますが、このときスポンジか布などを水で濡らし、それを適度に絞って上から押さえつけるように拭き取って下さい。 表面にボンドが付着していると変色の原因となります。
f0067815_233943.jpg

ちなみにコレが破れた壁紙。 家作りで余った壁紙は補修等で必ず役に立つので、捨てずに出来るだけ多めに保管しておきましょう。
f0067815_235863.jpg

暫くするとこの通り、殆ど目立たなくなりました。 でも、次から本当にDIYで出来るかなぁ~(^^;
f0067815_252623.jpg

[PR]
by itemaetaro | 2011-07-31 02:06 | ├家/住んでから