JPホーム(高松建設)のウィンブル建築記録


by itemaetaro
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

資本金の額の減少公告。

JPホームのWEBサイトを何気にみると、下記のプレスリリースが。

関連記事:JPホーム(株)の企業情報。

-------------------------------------------------------
平成22年4月13日
資本金の額の減少公告

債権者各位              東京都中央区銀座七丁目12番7号
                     JPホーム株式会社
                     代表取締役 太田 耕蔵

当社は、資本金の額を減少することに伴い、会社法第449条2項及び3項に基づき、下記のとおり公告いたします。
                     記
当社は、資本金の額を4億5500万円減少し1億円とすることにいたしました。




効力発生日は平成22年5月17日であり、株主総会の決議は、平成22年3月19日に終了しております。
この決定に対し異議のある債権者は、本公告掲載の翌日から1箇月以内にお申し出下さい。
なお、最終貸借対照表の開示状況は次のとおりです。

掲載紙 官報
掲載の日付 平成22年3月26日
掲載頁 144頁(号外第64号)

                                       以上
-------------------------------------------------------


資本金が1億円超の非上場会社が、1億円以下にする減資を行うケ-スが増えています。 非上場会社であるJPホームも、法人税法上における大法人から中小法人となることで様々な税務メリット、特に外形標準課税の適用除外を狙っているのでしょうか。

<税務メリット>
①交際費の損金算入枠の復活
②中小企業の軽減税率(課税所得800万円までは18%)
③留保金課税の適用除外
④法人事業税の外形標準課税の適用除外
⑤欠損金の繰戻し控除の適用 等々

とはいえ、やはり減資するのは欠損金を補填する(赤字が 見えなくなる)目的では?など、色々イメージが悪くなると思うので、もう少しキチンと減資の理由を書いてもらいたいものですね。
f0067815_982614.jpg

[PR]
by itemaetaro | 2010-05-18 17:04 | ├家/住んでから | Comments(0)