JPホーム(高松建設)のウィンブル建築記録


by itemaetaro
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

RC打ち放しの外壁から針金。

我が家の外壁は、玄関側のうち1、2階部分がRC打ち放しです。 RC打ち放しの外壁には賛否両論あるのでしょうが、家を建てるきっかけとなった、ポルシェとRC造のガレージが描かれたRC造ガレージのパンフレットに憧れ、打ち放しのモダンで堅牢なイメージに惹かれたことから、建物のアクセントとして気に入っています。 先日、玄関ドア横の外壁を何気に見たところ、何かが目に留まりました。
f0067815_1415180.jpg




なんだか茶色いものがあるような・・・虫? なんと外壁に錆がぁ!!!!
f0067815_15535611.jpg

RCの鉄筋は工場で曲げ加工を施しますが、その鉄筋の相互の結束には径0.8mmのなまし鉄線、いわゆる結束線を用いて、現場で組んでいきます。 結束線が錆びて雨水等が伝われば、中性化速度が促進されるので、結束線の端部は内側(躯体の中心方向)に折り曲げることが鉄則なのですが・・・。 取り急ぎ、JPホーム工事部のTさんに連絡しました。。
f0067815_1554362.jpg

[PR]
Commented by hibiyahyd at 2009-11-25 23:15
どうもこんにちは!ヒビャでございます(^^)/

内部に繋がっている部分だけに、錆の浸透が心配ですね。JPホームですので、最善の補修をしてもらえるとは思いますが。

職人さんのミスですかね。
Commented by itemaetaro at 2009-11-26 17:34
ヒビャさん、コメント有り難う御座います。
続編にある通り、RC外壁をけっこう深く掘って頂き、無事補修は完了しました。
補修して頂いた業者の方曰く、見た目だけでなく耐久性も問題ないとのことです。
確かに施工ミスですので、これからRC現場打ちで建てる方は工期中に
現場監督に結束線の処理確認をトレースされた方が良いかも。
JPホーム、信頼してますよ!(^^;
by itemaetaro | 2009-08-23 20:14 | ├家/住んでから | Comments(2)