JPホーム(高松建設)のウィンブル建築記録


by itemaetaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

【今日の夕食】 博多もつ鍋 一級 箕面店

もつ鍋とは、もつ肉(牛、豚、鶏の内臓)にニラとキャベツを入れて煮込む、素朴で荒々しい料理です。 「安い、美味い、ボリューム満点」のもつ鍋は、1992年に流行語大賞をとるほど、ポストバブルの時代に持てはやさましたが、ブームは一瞬で過ぎ去った記憶があります。

当時は学生だったこともあって食べたことが無かったのですが、以前から気になっていたもつ鍋を人生で初めて食べてみることにしました。
f0067815_3345569.jpg




以前営業していたイタリアン・『ヴィッラ・サン・ミケーレ』の後に居抜きで入ったので、店内は妙にお洒落です。 個人的には江坂の本店と同様に掘りごたつの方が料理に合うかも。
f0067815_3335121.jpg

看板メニューの牛もつ鍋は、以下の4種類。
 醤油鍋(しょうゆ味)・九州味噌鍋(あわせみそ味)が各1260円(1人前)
 京風味噌鍋(しろみそ味)・辛鍋(からなべ味)が各1575円(1人前)

とりあえず事前にリサーチしていた定番の九州味噌鍋を注文しました。 なべが出来るまで、大人は箕面地ビールと焼きもつで乾杯、子供らはジュースと冷奴盛り合わせです。 焼きもつは甘辛でジューシー、綺麗なお肉なので、ホルモン嫌いの母も美味しく食べたほどです。

炊き上がった一級の牛もつ鍋は、噂どおり一人前にしては少ない感じがしますが、〆にちゃんぽんと雑炊を食べようと思えば、(お肉の量以外は)この位の量が丁度良いかも知れません。

九州・博多を謳うだけにスープはこってり、この出汁が実に美味しい。 テーブルにはニンニクや小口切りの鷹の爪があるので、好きなように味付けも調整出来ます。 綺麗でジューシーなもつは勿論、キャベツや豆腐、笹掻きゴボウにニラ、各々の具材がとてもスープに合います。 あっという間にお鍋の中は箸でさらう状態に。。
f0067815_3333522.jpg

そして〆その1、ちゃんぽん。 この濃厚なスープに麺は驚くほど合います。 正直、雑炊よりこちらの方が好きかも。 〆をどちらか迷ったら、こちらをお奨めします。
f0067815_335960.jpg

〆その2は雑炊、お店の人が作ってくれる上に一人前につき卵2個は高評価、さすがに満腹です。。

惜しむらくは鍋の牛もつの量が少ないこと、お肉が小ぶりなのは食べやすくて良いのですが、単価を上げてもよいので、もつ肉の量を増やして欲しいと感じました。 とはいえ、各々の素材には相当のこだわりを感じり、美味しく頂けたので、次回は他の味にも挑んでみたいと思います。
f0067815_3352312.jpg

博多もつ鍋 一級 箕面店 (はかたもつなべ いっきゅう) (もつ鍋 / 箕面)
★★★★ 3.5


[PR]
Commented by ご訪問ありがとうございました at 2009-03-22 18:13 x
小生のブログへのご訪問ありがとうございました。
『のくまる』と申します。ヴィッラ・サンミケーレの記事は都合により
ファン限定としてしまっていたので、ご覧戴くことができなかったのでは
と思います。申し訳ありません。
元々このお店は魚屋さんのオーナー店でして、勤められていたシェフが退職されたのを機に閉店しました。このシェフは、実家が高知の某有名鰻屋さんでして、ゆくゆくは大阪に支店を出す計画があり、和食の修行をされるため、サンミケーレを辞められたのです。
個人的にもこのシェフと仲良くさせてもらっており、非常に居心地がよいお店でしたので、残念です。
Commented by itemaetaro at 2009-03-22 21:03
のくまるさん、コメント有り難う御座います。
ヴィッラ・サンミケーレ、SAVVYや北摂の101軒にも紹介されたほどの人気店が、
何故閉店したのか本当に残念でしたが、そういう訳では致し方ありませんね。。
これからもちょくちょく覗かせて頂きますが、のくまるさんも是非遊びに来てくださいませ。
今後ともよろしくお願いします。
Commented by mkissm98 at 2009-03-23 21:45
ここ気になっている処です。でも妻がモツを食べれないので、行けてません。1人で行っても大丈夫ですかね?
Commented by itemaetaro at 2009-03-24 10:33
mkissm98さん、コメント有り難う御座います。

もつ鍋は2人前からなので、1人前の注文は無理と思いますが
実は2人前の量もそれほど多くないので、〆を麺だけにする等
調整すれば十分食せる量だと思います。

あと、幸か不幸かモツの量もそれほど多くないので、奥様には
野菜鍋だよー♪とか行って同行頂き、追加注文の冷奴盛合わせ
なども楽しんで頂く、というのも手ですね。

蛇足ですが、本当にホルモンが苦手な母も美味しい!といって
食べていたので(量は少ないのですが)肉は綺麗だと思います。

あ、ホットペッパー等でドリンク1杯無料ゲットも忘れずに!(^^;
Commented by mkissm98 at 2009-03-29 19:48
回答ありがとうございます。
一度行って見ます。自称グルメですので。
Commented by 通りすがりです at 2009-12-25 23:59 x
ヴィッラ・サン・ミケーレはつぶれたんですね。
オープニング時、メニュー作りに携わりました。
オーナーは確か、競艇の有名選手でしたよね。
シェフは私が知っている方なのであれば、ラフォーレで働いていた方と聞いていましたが、高知の鰻屋の息子さんだったのですね。

イタリアンとしては、彼(シェフ)自身全く経験が無く、出されているお料理は洋食の域のもので、個人的には本当にやっていけるの?と心配していました。
当初は北摂で古くからイタリアンをされているシェフが面倒を見られていたのですが、そのシェフと、ヴィッラ・サン・ミケーレのシェフとの間で意見の相違があり、以後は仲違されていました。
私は、最初のメニューの作製をした後、2度程食べに行きましたが、口に合わなかったので行っていませんでした。
時々、前をクルマで通った時に覗いていましたが、人があまり入っておらず、やっぱりダメか・・・と思っていました。
それでも思ったより長く続いていたようで、意外と上手くやっておられたのですね。
Commented by itemaetaro at 2010-01-01 17:28
通りすがりさん、コメント有難うございます。
オープニング時にメニュー作りに携われたとは、凄いですね。
残念ながらヴィッラ・サン・ミケーレで食事した事がないのですが、
そんな経緯があったとは、存じませんでした。 今後ともよろしく
お願いします。
by itemaetaro | 2009-03-21 17:50 | ├食/関西(大阪) | Comments(7)