JPホーム(高松建設)のウィンブル建築記録


by itemaetaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

【今日の夕食】 焼肉酒亭 遊山 生野本店

以前、南船場店にある店を訪れたことはあったのですが、印象が良かったので、今回、本店を家族連れで訪問しました。
f0067815_20201220.jpg




まず最初に頂いたのが特選黒毛和牛セット。
和牛肉のカルパッチョ韓国風に、おすすめ和牛肉盛合せ、等牛山豚・ホルモンもあって、量は少なめですがとりあえず色々食べたい人にはお薦めです。 最初に出るカルパッチョは、ケチャップのように見えるコチュジャンをベースとしたソースで伸ばしたランプ肉に玉ネギなど野菜をクルリと巻いて頂く自慢の一品、今日も美味しい!
f0067815_19212778.jpg

そして旬の海鮮盛合せ。
意外に美味しかったので、カルパッチョより最初に食べたいメニューかも。
f0067815_19154160.jpg

そして最後は特上骨付きカルビとロースです。 まさにトロける系のお肉で柔らかく、何より臭みが全くありません。 我が子らに対する店主らしき方の心遣い、無添加の素材に拘る心意気も料理に感じられ、嫁さんにとって大満足の忘年会となりました。
f0067815_20123441.jpg

遊山 生野本店 (ゆざん) (焼肉 / 北巽、南巽)
★★★★ 4.0


最寄駅:大阪市営地下鉄千日前線北巽駅5番出口から徒歩6分
大阪府大阪市生野区巽東2-2-12 遊山ビル 1F・2F
06-6754-1919
営業時間:ランチ[火~土]11:30~14:00
           [日・祝]11:30~15:00
      ディナー[火~日・祝]17:00~23:00(L.O.22:30) 
定休日:月曜日(※祝日の際は火曜日)
■公式HP■
最後に、元長野県知事、現参議院議員の作家・田中康夫氏の文章をここに抜粋させて頂きます。
-------------------------------------------------------
“ディープサウス”の秘境に位置する心智高き料理店

歌舞伎役者然とした安田宰英氏が営む遊山は、その生野区でも更に東南へと奥まった、文化住宅と町工場が混在する巽の一廓に位置します。1階は卓席、2階は座敷、3階はバーの瀟酒な店舗、と記すと、早とちりする向きも現れましょう。 放蕩息子が営む泡沫経済の残滓か、と。 断じて異なります。 大学を卒業後、縁戚の病院で厨房を担当し、「無添加」の何たるかを学んだ後に開いた遊山は、醤油・味噌・米酢等の調味料に至るまで、その“心智”は極めて真っ当です。

佐賀と山形から仕入れた骨付き肉を一旦、臭みを取るべく地下の冷蔵庫で熟成させる営為に留まらず、木の子と海の幸のオードブル、焼きシャブと春野菜のサラダ、焼き肉屋さんの作ったピザを始めとして、凡百の焼肉料理店と異なる魅惑的品目が並びます。 加えてボルドーからラングドックに至る、幅広き自社輸入の葡萄酒は称揚に値します。 日本酒の取り揃えも又。

而して、再度、特筆すべきは価値をも含む外連味の無さでしょう。 訪阪時には、生野の秘境とも評すべき巽に位置する温性高き遊山へと、迷わず足を伸ばしなさい。 ミナミやキタで睥睨する羊頭狗肉な料理店で散財するよりも余程、価値有る選択です。

田中康夫 著 それでも真っ当な料理店 より)
-------------------------------------------------------

[PR]
by itemaetaro | 2008-12-13 19:30 | ├食/関西(大阪) | Comments(0)